シチュエーション別

【社会人の彼女へ】間違いないクリスマスプレゼントの選び方

社会人として、普段、会社で働いている彼女にクリスマスプレゼントを選ぶ時。

失敗しないためには、いくつかのポイントを抑えておく必要があります。

職場でも使いやすい!自分でデザインできる本革財布

1

彼女のクリスマスプレゼントに、普段使いできるものを選びたいなら「JOGGO」がおすすめ。

  • 13色ある本革を組み合わせて、彼女好みにデザインできる。
  • 彼女の名前を刻印可能。
  • メッセージカード付きにも。

2

こんな感じの財布を作る事が可能。実際に作る方法も簡単↓

公式サイトでシュミレーション画面を見ながら選んでいくだけ。

3

操作はPCでもスマホでもOK。

デザインが出来たら、画面上から注文&家に郵送される仕組みです。

こんな風に、ラッピングされた状態で届き…

自由に文字を変えれるメッセージカードも無料。彼女にサプライズしやすいプレゼントです。

詳しく見る

JOGGOの口コミ

詳しく見る

 

スポンサードサーチ

 

まず、社会人の女性が「興味のあるモノ」を考えよう!

社会人として働いている大人の女性が興味のある物は、大きく分けて4つ↓

1・仕事の疲れを忘れさせてくれる癒し系
2・身につけてテンションの上がる・自慢できる物
3・実用的な便利なもの
4・趣味で使えるもの

この中から「自分の彼女ならどれが貰って嬉しい?」とイメージして見て下さい。

例えば…

・いつも仕事で疲れている彼女 ⇒ マッサージ系のアイテム
・バリバリ働くアクティブな彼女 ⇒ 仕事中によく使う手帳
・デスクワーク中心の彼女 ⇒ 運動不足を解消するランニングシューズ

こんな感じです。

仕事を重視させたいか、ライフワークを充実させたいかは 女性によって様々。彼女のタイプをよく踏まえて、連想できるアイテムをプレゼントにすると失敗しにくいですね。

癒やし系のプレゼントは、紹介したようなマッサージグッズがと定番ですが、少し発想を変えてみて「入浴剤」等もおすすめ。

特に、普段は自分で買わないような、ちょっとリッチな入浴剤は、「ご褒美アイテム」としても「冬場の寒い時期のプレゼント」としても最適です。

本気で癒される!クリスマスに渡せる入浴剤

111-690x357

冬の寒い時期のクリスマスプレゼントは、ayuraの入浴剤「メディバス」がおすすめ!

  • 女性の癒しを追求した香り
  • @cosme入浴剤1位
  • ギフトボックスにできる

こんな風に、お風呂に入れると乳白色になるユニークな入浴剤

見た目だけでなく、「まるでスパに行ったみたい!」との声もあり、美容成分が入っているのも女子好みな理由。

詳しく見る

実際、貰った女性からの口コミ評価も高いですね↓

ayuraの口コミ

211

ギフトボックスにメッセージカードも無料でつけれて、プレゼントしやすいところも魅力。

詳しく見る

 

値段やブランドにもこだわる

社会人女性なら、自分の持ち物の「ブランド」にもある程度こだわりがあるはず。

女性同士はお互いの持ち物を「どこのブランド?」と探り合うことも多いので、「彼氏からもらったんだ!」と自慢できるようにしておくのも大事という事。

クリスマスプレゼントの相場は、1〜2万円程度と言われていますが、「ブランド名も重視する」という意味では、最低でも1万円以下にはならないようにしたいところです。

但し、これらは「会社で見せるもの」「普段、身につけるもの」等の話なので、それ以外のもの(美容家電等)の場合は、特にブランドにこだわる必要はなく、品質重視で問題ありません。

  • 同僚や仕事先で見られる可能性がある場合 ⇒ ブランドに注意
  • 家で使ったり、プライベートなもの ⇒ 品質重視で彼女好みなもの

こんな感じの基準です。

 

ディナー選びのコツ

社会人ともなれば、夜景がきれいな雰囲気のいいレストランや、高級ホテルでクリスマスディナーを楽しむ場合も多いはず。

ただ、名前の知れた有名ホテル等は別として、「夜景だけ」をウリにしているようなレストランは、「ご飯がいまいちだった…」という場合もあったりしますよね。

高層階のレストランは、普段からカップルに人気のあるスポットですが、特にクリスマスシーズンは、悪く言うと「ほっといても予約が入る状態」とも言えます。

逆に夜景をウリにしていないレストランで、クリスマスディナーを設定しているようなお店は注目すべき。

「もともとお店の雰囲気がいい」場合を除いて、ちゃんと「味」で勝負しているところや、「クリスマスを楽しんでもらおう!」というような、サービスがいい隠れたお店が多いもの。

普段、営業周り等が多く、舌が超えている彼女とディナーをする時には、あえて高層階のレストランは外して、こうした穴場的な「頑張っているお店」をセレクトしてあげると喜ばれるかもしれませんね。

スポンサードサーチ

 



同じカテゴリ「 シチュエーション別 」内のおすすめ記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ