アクセサリー

金属アレルギーの彼女がつけれるプレゼントにおすすめのアクセサリー

彼女の誕生日プレゼントにアクセサリーを渡そうと思ってるけど、「金属アレルギーなのか心配」という時。

実際に金属アレルギーの時に使えるアクセとNGなアクセサリー。そして、金属アレルギーでもつけれるおすすめのアクセサリーブランドを紹介します。

 

金属アレルギーでも使えるもの。使えないもの。

金属アレルギーは、どんな金属でも起こるというわけではなくて、特に「アレルギーが起こりやすい金属」というものが存在しています。

最も代表的で、ほとんどの原因となっているものが「ニッケル」です。

ニッケルは、他の金属と混ぜて使わえる事が多い素材で、ジュエリーで使われる「ホワイトゴールド」等にも、ニッケルが含まれる場合があります。

ニッケルを入れる事で、「硬さ」「加工のしやすさ」「色味が良くなる」等の効果があると言われる一方、金属アレルギーの大きな原因となっているという側面も。

アレルギを起こす金属はニッケルが代表的ですが、他にも20種類ほどの金属が原因になる場合があると言われています。(コバルト・クロム・水銀…etc)

では、逆にアレルギーを起こさない(または、起こしにくい)素材はどのようなものがあるのでしょうか?

まず、金属アレルギーの心配がないアクセサリーは「プラスチック」「シリコン」等の金属以外の素材を使ったタイプ。

ただ、これらは「デザインの幅」が、かなり限られてきてしまい、「ファーストピアス」程度のものしか手に入りにくいもの。

「ちょっとでも、すぐにアレルギーが出てしまう」という場合にはNGですが、アレルギー度合いが低い時には、アレルギーを起こしにくい金属を使ったアクセサリーがおすすめ。

代表的なものは「ステンレス」「プラチナ」等の金属の他、「ノンニッケル」の表示がされているアクセサリーも選べます。

また、特に使いやすい金属が「サージカルステンレス」と呼ばれる素材を使ったタイプ。

サージカルステンレスは「医療用ステンレス」とも呼ばれていて、医療用のメスやハサミ等にも使われている素材です。

そもそも「金属アレルギー」は、汗や体液によって溶け出した金属が原因で起こるもの。

サージカルステンレスは「耐食性(腐食性)」が高い金属で錆びにくい金属です。錆びにくいから、汗や体液で溶け出す割合も低く、アレルギー反応が起きにくい仕組み。

ちなみに、金属アレルギーに強いサージカルステンレスにも、いくつかのランクがあります。

特に耐食性に優れているものが「SUS316」と呼ばれるタイプ。

金属アレルギーになりにくい、アクセサリーを選ぶ時には、サージカルステンレス製で「SUS316」素材を使っているものがおすすめ!というわけです。

スポンサードサーチ

 

サージカルステンレス中心のペアアクセブランド「white clover」

ペアアクセサリー専門ブランドの「white clover」は、サージカルステンレスを使ったアイテムが豊富で、しかも使っているステンレスは、ランクが高い「SUS316」です。

&ペアネックレス


&ペアネックレス

2つを重ねると「&」の文字が浮かび上がるペアネックレス。&の左上に彼氏の、下側に彼女のイニシャルを無料刻印する事ができます。

TIME ペアネックレス


TIME ペアネックレス

時計の文字盤がモチーフになっているオシャレなペアネックレス。「これまでの時間」「これからの時間」の2つの意味が込められているのだとか。

メッセージ ペアネックレス


メッセージ ペアネックレス

「10文字×2行分」と、かなり長めのメッセージを入れる事ができる、オリジナリティの高いネックレス。ペアで揃えても10,000円程度と、現実的に買いやすい値段なのも魅力。

シェアハート ペアリング


シェアハート ペアリング

2つのリングを重ねると、ハートのマークが浮かびあがるペアリングです。「リングの内側」という、付き合っている2人だけにしか分からない所に20文字の刻印を入れる事ができます。

スポンサードサーチ

 




同じカテゴリ「 アクセサリー 」内のおすすめ記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ