アクセサリー

彼女の誕生日プレゼントにおすすめの誕生石ピアス【月別まとめ】

彼女の誕生日プレゼントに、誕生石を使ったピアスを贈りましょう!

1月から12月まで、それぞれの月別の誕生石ピアスの中で、女性好みで特におすすめのものだけをまとめました。

 

1月:ガーネット

日本では「ざくろ石」とも呼ばれている赤色の石。「単一の石」を示すのではなくて、鉱石グループを指し示している言葉で 色々な種類のガーネットが存在しています。

石言葉は真実・友愛・忠実・勝利など。また「実り」という意味もあるので、頑張ってきた事が「実る」という意味で、受験や就活中の彼女にも最適な石です。

シャンパンガーネット ポアーレ


シャンパンガーネット ポアーレ

シャンパンガーネットは、世界で唯一タンザニアのウンバ鉱山でしか採れない「桜色」をした宝石です。

「真紅のガーネット色は、赤すぎて苦手…」というタイプの彼女におすすめ。

シャンパンガーネット アリゼ


シャンパンガーネット アリゼ

同じくシャンパンガーネットを使った「揺れる」タイプのピアス。

「桜色」を活かした、桜が舞い散るような上品な雰囲気が魅力。

パイロープ・ガーネット フルーナ


パイロープ・ガーネット フルーナ

ガーネットらしい色の石がいいならフルーナがおすすめ。アリゾナ産のクロムパイロープガーネットは「濃すぎる」ぐらいの深い赤色が特徴的。

少し高めの台座にしていて、宝石に視線を集中させるデザインになっているところも女子好みなはず。

1月の誕生石ピアスを見る


 

2月:アメジスト

アメジストは紫色をした水晶のこと。ギリシャ神話では「美女の化身」として神話にも残っている宝石です。石言葉は誠実・高貴・覚醒・愛情などの意味が。

また、石の意味として「酒に酔わない」という意味を持っているので、お酒好きな彼女におすすめ。「ヒーリング効果も高い」と言われる石なので、ストレスが溜まってそうな彼女へも。

アメジスト ポアーレ


アメジスト ポアーレ

シンプルデザインのアメジストピアスは、紫色だけど意外に色々なファションに合わせやすい色です。

ワイン産地としても有名な山梨の甲府は、400年もの宝石加工の伝統を持つ町でもあります。そんな甲府の工房で、職人の手で作られて一点ものです。

アメジスト プランプ


アメジスト プランプ

ドーム状で、少し大きめサイズのアメジストピアス。「カボションカット」と呼ばれる石を丸い山形に研磨したカット方法が独特です。

カボションカットをする時は、光の反射ではなくて、石そのものの輝きがある事がとても重要。つまり、それだけ石 本体の質が高いとも言えます。

アメトリン


アメトリン

アメトリンは、アメジストとシトリンという2つの宝石が1つの宝石の中に入っているリッチな宝石で、ボリビアでしか採掘できない超希少なもの。

アメトリン自体は1970年頃にその美しさからブームになっていた宝石ですが、実は「人工処理によって作られたもの」と判明。長らく「天然ものはない」と言われてきました。

ですが、1989年にたった1箇所だけ、天然物のアメトリンが発見された場所がボリビアであり、その天然もののアメトリンを使ったピアスがこれです。

2月の誕生石ピアスを見る


 

3月:アクアマリン

ラテン語で「海水」を意味する宝石で、その名前のとおり、透き通った青色が特徴的な宝石。石言葉は勇敢・沈着・聡明などの意味が。

「海」をテーマにしている石なだけあって、全てを包み込むような「癒し」や「やすらぎ」等を与える意味も。

「幸せな結婚」と象徴する石でもあるので、結婚を前提に付き合っているような、本気度の高い彼女へのプレゼントにもおすすめです。

サンタマリア アクアマリン ポアーレ


サンタマリア アクアマリン ポアーレ

もともと透き通った色が美しいアクアマリンですが、その中でも、特別に発色が良いアクアマリンだけが「サンタマリア アクアマリン」と呼ぶ事ができます。

そんな上級アクアマリンを使ったピアスです。

サンタマリア アクアマリン マリアンヌ


サンタマリア アクアマリン マリアンヌ

こちらも希少なサンタマリア アクアマリンを使ったピアス。ちょっとレトロな雰囲気もあって「大人な女性」でも使いやすいデザイン。

上部にある脇石は、主役のサンタマリアアクアマリンを引立させつつ、存在感も負けない希少なブルーダイヤモンドを使用。

3月の誕生石ピアスを見る


 

4月:ダイヤモンド

永遠の絆・純潔・不屈などの石言葉のある超メジャーな宝石。「永遠」「不屈」等の意味からも想像できるように、地球上で最も硬い石としても有名ですよね。

ダイヤの中でも、ピンク系のタイプは「喜び」。ブラック系のダイヤは「悪霊祓い」等の意味があり、色によっても意味が少しづつ異なります。

ダイヤモンドピアス エリアーヌ


ダイヤモンドピアス エリアーヌ

ダイヤモンド自体、他の宝石と比べて「存在感」がとても強い石です。ですので「フープ系」にしてしまうと、目立ちすぎてしまうケースが多いもの。

エリアーヌは「適度な存在感」を目指した結果、直径1.5センチというサイズに到達。彼女にとっても使い勝手がいいサイズになっています。

ダイヤモンドピアス アリゼ


ダイヤモンドピアス アリゼ

適度に大きさのある直径3mmのダイヤを使った揺れるタイプのピアス。

動くたびに適度に揺れつつ、ダイヤならではのキラキラとした輝きが特徴的です。

VS-SIクラス ダイヤ フルーナ


VS-SIクラス ダイヤ フルーナ

ダイヤモンドを使ったスタッドピアスは、多くの女性が「1個は持っていたい!」という憧れの存在。

定番的な形でありながら、よくよく見てみると「けっこう凝ったデザインをしてる」という点も女心をくすぐります。

4月の誕生石ピアスを見る


 

5月:エメラルド

緑色をした宝石で、石言葉には幸運・幸福・希望・安定などの意味が。内部に「傷」がある事が特徴で、傷の有無で天然ものか、そうでないかを判断。当然、傷が少ないタイプほど高価です。

エメラルドのちょっと変わった意味としては「浮気を封じる」という意味もあるのだそう。どうしても、今の彼女に離れてほしくない時には、浮気予防のために贈るのも!?

エメラルド エリアーヌ


エメラルド エリアーヌ

一般的なエメラルドは、小さくカットしてしまうと「色が抜けて薄く見える」という特徴があるので、かなり大ぶりにカットする必要があります。

なので、他の宝石に比べて、ちょっとゴテゴテとした、イメージが強いですよね。

そんな「嫌らしい雰囲気」を出さずに、小ぶりにカットしても発色がいいエメラルドがザンビア産のエメラルド。

やや青みがかっている事が特徴で、小さくカットしても色がしっかりのっています。

エメラルド ポアーレ


エメラルド ポアーレ

こちらも、小ぶりにカットしても発色がいいザンビア産のエメラルドを使ったピアス。

「エメラルドなのに華奢でかわいい!」と女性からの人気が高いアイテム。

ペアシェイプカットと呼ばれる、涙の形のような楕円形にカットは、ザンビア産のエメラルドの発色をさらに良くしつつ 優しい雰囲気になっています。

エメラルド フラヴィエ


エメラルド フラヴィエ

高品質なエメラルドをベースにして、さらにダイヤモンドを脇石として使っている贅沢なピアスです。

エメラルド+ダイヤというリッチな組み合わせながら、ゴージャスすぎずに適度にコンパクトにまとめられている点が女性好みなポイント。

誕生日プレゼントを奮発できる人は、彼女への「ご褒美ピアス」として贈ってみては?

5月の誕生石ピアスを見る


 

6月:ムーンストーン

日本では月長石と呼ばれている石で、ベースは白色をした透明感のある輝きが特徴の石。淡い青色に光るブルームーンストーンや、虹色に輝くムーンストーンレインボー等の種類があります。

石言葉は、恋の予感・潤水な恋などの意味が。

「感情を穏やかにする」という効果も言われている石なので、ちょっと怒りっぽい彼女に身につけて貰っておくと良いかも。

ロイヤルブルームーンストーン


ロイヤルブルームーンストーン

幻想的な光りを放つブルームーンストーンの中には、ごく稀に、オーロラのような鮮やかな輝きと、クリスタルのような透明感を合わせ持つ石があり「ロイヤル ブルームーンストーン」と呼ばれています。

レインボームーンストーン


レインボームーンストーン

ひと目 見て分かる 鮮やかな輝き。パープル、グリーン、イエロー、ブルーなどなどムーンストーンの中でも最も希少な7色の輝きを持つのがレインボームーンストーンです。

ゴールドの細かな細工が、アンティークな高級感をさらに際立たせています。

6月の誕生石ピアスを見る


 

7月:ルビー

「ダイヤモンドの次に硬い石」として有名な赤色の石。石言葉には熱情・情熱・純愛・勇気・仁徳など、赤色モチーフらしく情熱的な意味が揃います。

宝石の女王とも呼ばれ、カリスマ性や活力の象徴的な石でもあるので、「バリバリ仕事を頑張りたい!」というタイプの、働き盛りの彼女へのプレゼントにもぴったり。

ルビー ポアーレ


ルビー ポアーレ

ルビーの産地は、「モザンビーグ」「タンザニア」「タイ」「マダガスカル」「ミャンマー」等が有名ですが、中でもミャンマー産のルビーは飛び抜けて高く評価されています。

そんな、ミャンマー産のルビーを使ったピアスがこれ。他の産地と比べて、ミャンマー産のルビーは鮮やかな発色が特徴ですが、「ペアシェイプカット」と呼ばれるカットをする事で、より発色の良さを引き出しています。

ルビー フラヴィエ


ルビー フラヴィエ

上質なミャンマー産のルビーに、ダイヤモンドと18金のゴールドまで使っているゴージャスなピアス。

右側の写真を見れば分かるとおり、素材はリッチですが、普段使いがしやすいようにコンパクトにまとまっている事が特徴。

「いいもの」は選んであげたいけど、ちゃんと、彼女に毎日使って欲しい!という時に。

7月の誕生石ピアスを見る


 

8月:ペリドット

エメラルドのグリーンと比較すると「黄色寄り」な、黄緑色をした宝石がペリドット。夜でも鮮やかな緑色だったので、ローマ時代には「夜会のエメラルド」とも言われてたそう。

また、隕石の成分と似ている事から「太陽の石」とも呼ばれていて、ポジティブな活力源の象徴ともされてきました。

ネガティブな意識を吹き飛ばしてくれるので、落ち込みやすい彼女や、もっと明るくなって欲しい!という彼女へのプレゼントにも。

ペリドット ポアーレ


ペリドット ポアーレ

他の宝石にはない、綺麗な黄緑色の発色を活かしたシンプルデザインのスタッドピアスです。

彩度高めなペリドットの色合いは、日本人女性の「肌の色」にぴったりマッチします。

ペリドット フラヴィエ


ペリドット フラヴィエ

ペリドットは、他の宝石と比べると「柔らかい石」で、硬度が低いので その多くは破損や亀裂が起こり「内包物」が入ってっしまうタイプが多いと言われています。

そんな痛みやすいペリドットに中から、希少なルース(裸石)だけを厳選して作ったピアスです。珍しい良質なペリドットにダイヤモンドを3粒も組み合わせて贅沢な作り。

8月の誕生石ピアスを見る


 

9月:サファイア

慈愛・誠実・高潔・心の成長などの意味を持つ青色の石。鉱物学的にはルビーと同じく「コランダム」と呼ばれるダイヤの次に硬い石で、不純物によって赤色ならルビー。青色ならサファイアと呼ばれます。

「硬い」という特徴から、目標へ突き進む一貫性をサポートしたり、災難から身を守ってくれる効果も。そんな効果から、チームプレイが必要となる場面に最適

スポーツ系のサークル活動をしている彼女や、自営業をしているい彼女にぴったりな石です。

ブルーサファイア ジュモー


ブルーサファイア ジュモー

宝石バイヤー泣かせの宝石がブルーサファイアと言われています。その理由は、ちょっとした色の違いで大きく「美しさ」が変わってしまうから。

そんな難しいブルーサファイアの中で、青色の中に「青色しか見えない」という最高品質のサファイアだけを厳選。

シンプルな八角形の石枠で、普段使いしやすいデザインに仕上げています。

サファイア ポアーレ


サファイア ポアーレ

かつて世界最高品質と言われていたサファイアがカシミール産のサファイアでした。

現在では、もう産出されなくなってしまいましたが、そんなカシミール産にも劣らない品質の高さとして有名なのがスリランカ産のサファイアです。

スリランカ産のサファイアを使ったポアーレは、まるで「涙の形」のような、石の発色をより引き立たせる「ペアシェイプカット」で加工されています。

サファイア フラヴィエ


サファイア フラヴィエ

先に紹介したスリランカ産のサファイアは、基本的には高品質なAクラスのものが豊富なものの、Cクラスタイプのサファイアもあり「価値の幅」が広いです。

一方で、このピアスにも使われているマダガスカル産のサファイアは、基本的にはAクラスなもののみ。かつて最上級だったカシミール産のAクラスと同等の特徴を持っています。

9月の誕生石ピアスを見る


 

10月:トルマリン

石を熱すると「電気を帯びる」というユニークな特徴があり、別名 「電気石」とも呼ばれています。石言葉には希望・潔白・寛大・忍耐などの意味が。

トルマリンは「◯◯色」とひとくくりのする事はできず、宝石の中でも最もカラーバリエーションが豊富な事が特徴です。

無色・白・黒・緑・青・赤・ピンク・紫・黄色などなどほとんどの色をカバー。また、単色じゃなくて2色が混在している「バイカラー」。3つの色が重なった「パーティーカラー」と呼ばれるタイプも存在。

誕生石の中で、彼女好みな色を最も選びやすい石がトルマリンなのです。

パライバトルマリン エリアーヌ

パライバトルマリン エリアーヌ

「南国の海」をイメージさせる、鮮やかなネオンカラーのトルマリンが「パライバ トルマリン」です。

この鮮やかな色は、銅の成分を豊富に含んでいるブラジルのパライバ州ならではのものと言われ、州の名前が宝石についているほど。

パライバ州でしかとれないパライバトルマリンは、年々、その供給量が枯渇していて 1ctあたりの取引額は宝石の中では最高額と言われています。

現在、流通しているパライバトルマリンは、実際には「パライバ州」のものではなく、モザンピーク産のものが主流。ですが、実際に本物とモザンピーク産を比べてみると…色の のり具合が全然 違っています。

そんな、希少な本物のパライバトルマリンを使った特別なピアスです。

パライバトルマリン ディヴェール


パライバトルマリン ディヴェール

他のピアスと組み合わせて使いやすい、片耳タイプのピアス。

もともとが希少なパライバ トルマリンだけあって、片耳だけでも そこそこの金額がしますが、鮮やかすぎるネオンブルーは、1点だけど充分すぎる存在感がありますね。

パライバトルマリン アルハン


パライバトルマリン アルハン

各国の宮殿の建築デザインでもよく見かける「アラベスク模様」をモチーフにしたピアス。

石の内側から発光するようなパライバ トルマリンの特徴を良く活かしたデザインになっています。

10月の誕生石ピアスを見る


 

11月:トパーズ

トパーズは基本的には無色透明の宝石ですが、青・ピンク・薄茶色などの色付きのタイプもあって、淡褐色の石が高級品とされています。

石言葉は誠実・友情・潔白などの意味が。「誠実」という部分から、未来へのサポートをしてくる石とも言われているので、将来のこと(就職・結婚・未来)などに不安を持っている彼女のプレゼントにおすすめ。

ロンドンブルートパーズ ポアーレ


ロンドンブルートパーズ ポアーレ

カラーバリエーションが豊富なトパーズの中で「深みのある大人っぽい青色」が特徴なのがロンドンブルー トパーズです。

ちょっとクラシカルで大人っぽい雰囲気ですが、深い青 を活かして、意外にデニム等との相性もいい宝石。

彼女の誕生日プレゼント用に買いやすい、「適度な値段」な点も選択肢のひとつに入れやすいはずです。

インペリアルトパーズ アリゼ


インペリアルトパーズ アリゼ

トパーズの中でも、特別に価値が高いと言われるのが「皇帝」の名前をもつインペリアトパーズです。

そんな希少なインペリアトパーズの中でも、さらに希少なカラーが、この「シェリーカラー」タイプ。

昼間は優しい色合いで輝きつつ、夜になると夜景のようにキラキラと光り輝くという二面性を持っている事が特徴です。

11月の誕生石ピアスを見る


 

12月:タンザナイト

宝石ブランドとして有名なティファニーの宝石商が見い出し、宝石としての知名度があがった石です。

「タンザナイト」とは、タンザニアの石という意味。タンザニアで採れる事と、タンザニアの夕暮れ時の透き通った深い青色に似ている事が由来です。

石言葉は高貴・冷静・空想などの意味があります。

タンザナイト ポアーレ


タンザナイト ポアーレ

タンザニアのキリマンジャロでしか採取できない希少なタンザナイトの中で、特別に透明感があり、独特の青紫色もしっかりとのっているルース(裸石)だけを厳選。

普段使いのしやすいスタッドタイプのデザインで仕上げています。

12月の誕生石ピアスを見る


 

▶関連:彼女の誕生日にパワーストーンアクセをプレゼントする時の石選びのコツ

 




同じカテゴリ「 アクセサリー 」内のおすすめ記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ