ファッション

彼女の誕生日プレゼント・しまむらの服を最大限活用する方法

ここでは、「ファッションセンターしまむら」で彼女の誕生日プレゼントを用意する際のアイデアを紹介していきます。

リーズナブルな物が多い半面、プレゼントとしては不安かもしれません。ですが、贈り方次第では喜んでもらえるプレゼントへ化ける場合もあります。参考にしてみてくださいね!

by kengo

 

 

一緒にしまむらに行って…

「彼女が特に欲しい物が無い」という場合に使えるのが「彼女をしまむらに連れて行き好きな服を自由に選んでもらう」というアイデアです。

「どれでも好きなだけ、気に入った物を買って良い」という自由な感じは普段の生活ではまず味わえませんし、服は何着あっても困りません。

特に彼女が私服で働く場合であれば、気兼ねなく着れるしまむらの服がたくさんあると、重宝するのではないでしょうか。

彼女のセンスで選んでもらうので「外した誕生日プレゼントを贈ってしまう」という心配は、もちろんありません。

自分のファッションセンスやプレゼント選びに自信が無い・という方には「しまむら服買い放題権利」は無難でピッッタリな選択肢になるでしょう!

一着の価格が安いので、両手いっぱいに買ってもブランド品一個に満た無いお会計で済む点も魅力的です。

 

洋服ダンス・ドレッサーのプレゼントと一緒に

彼女に「お部屋のインテリアとしてもぴったりなおしゃれな洋服ダンスやドレッサー贈る」というのは、ファッションもお部屋のおしゃれも楽しむ彼女にとって嬉しいプレゼントになるでしょう。

ただ、空っぽのそれらをプレゼントするだけではつまらないですね。ここは、しまむらの服やアクセをを活用しましょう。

あらかじめ用意した洋服ダンス・ドレッサーに、しまむらで用意したアイテムを何個か入れておきます。(タンスには服・ドレッサーにはアクセ)そうすると

「まずは使えるインテリアのプレゼントにびっくり!▶︎中には普段使いに身につけられそうな物が!」というサプライズ要素のあるプレゼントに早変わりします

しまむらのアイテム分・少しコストを上乗せするだけで、ただのインテリアもびっくりさせることのできるプレゼントになるはずです。(開けた時すでに物が入っているので「これからどう使っていくか?」のイメージも湧きやすい)

洋服ダンスのほか、バッグの中に入れて贈る・というのもアリだと思いますよ!

 

スポンサードリンク

 

ブランド品に織り交ぜてプレゼントのボリューム感アップ!

「ブランドのファッションアイテムを用意したけど、なんか物足りないかも?」

用意した物が薄い・小さい品だと、いくらブランドの服や小物でも「これだけで大丈夫かな?」と思う事がありますよね。

そんな時は、用意した物と相性の良い服・小物をしまむらで探してみましょう。例えば、

「用意したスカートと相性のよさそうな靴を買う」
「用意したカーディガンの下に着るシャツを買う」

このようなイメージです。

しまむらの服を少しプラスするだけで誕生日プレゼントにボリュームが出るだけではなく、コーディネートのイメージも膨らみやすくなります。

せっかく用意したブランド物だからこそ「早く着て出かけてたい!」と、彼女が思えるプレゼントにしてあげたいですね!

 

高級なアクセ等を期待している彼女にはこう活用する!

「高級なアクセやブランドの時計をプレゼントする約束をした」
「彼女に「これが欲しい!」と言われている物がある」

この場合は、しまむらの服をダミーのプレゼントとして用意してみましょう。(ごめん、売り切れててorお金がなくて・のような言い訳で渡しましょう)期待していた彼女は「えっ…なんでしまむら!?」となる事間違いなしです。

「安いしまむらの服」という希望の物との落差は、本命のプレゼントもらった時の安心感・嬉しさを倍増させてくれます。

用意した本命のプレゼントを大切にしてもらいたい・価格以上に喜んでもらいたい。という方には最適な方法になるでしょう!

 

まとめ

このように、しまむらの服は

  • 「量で攻める」
  • 「プラスプレゼントに使う」
  • 「ダミープレゼントにする」

と、思った以上に誕生日プレゼントに使える品です。(服自体、何着あっても重宝する点も良いですね)

しまむらで探しても良さそうな物が無い場合は、しまむらの系列店である「アベイル」もみてみましょう。しまむらには少ないファッション誌掲載アイテム・個性的なアイテムが多いです。

「去年とはちょっと違う誕生日プレゼントを」という方、ぜひ活用して彼女を喜ばせてあげてください!

 

スポンサードリンク

 




同カテゴリファッション内の人気記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ