小物

仕事に使える!彼女の誕生日プレゼントに万年筆ならどれがいい?

文房具は仕事でよく使うアイテムなので誕生日プレゼントには良いと思います。『より、高級感のある物を』というコトであれば万年筆がベターですね。持っているだけで知的に見えますし、インクを交換すれば何年も愛用出来ます。 と、いうことで今回は、人気の万年筆ブランドを価格別に紹介して行きますので彼女の誕生日プレゼント選びの参考にしてみてください。

by matsuyuki

 

 

5000円以下で人気の万年筆は?

まずは比較的リーズナブルな万年筆からご紹介。安めの物の方が、デザインが豊富だったり若い人に好まれるぱっと見の物があるのでスルー出来ません。

 

シュナイダー・ベイス

http://www.amazon.co.jp

シュナイダーベースはドイツ生まれの文具メーカー。価格以上の書き味と、万年筆なのに堅苦しくないカラーリングが若い女性からも人気です。価格は1500〜3500円ほど。 このブランドの物は安過ぎる物になるとデザインが少し、いまいちになってくるので注意です。2500円以上の物ならプレゼントとして申し分ありません。

 

オンライン・ピッコロトリコロール

http://www.kijyoya.com

コチラもドイツ発祥のブランド。シュナイダーと比べると歴史が浅く、新鋭ブランドとして有名です。 画像のトリコロールシリーズは、配色が可愛くて人気。主に、アジア・ヨーロッパ圏の女性から急速に支持を得たいるみたいです。

 

パイロット・コクーン

http://www.amazon.co.jp

 

低価格ながら、長く愛用出来るタフさと、手に馴染む安定感が人気。『今まで万年筆を使った事が無い。』という彼女にもおすすめな初心者でも使いやすいモデルです。 売っている所が多いので、買いに行きやすい点も良いですね。

 

スポンサードリンク

 

10000円以上で長く愛用出来る万年筆

品質や高級感で選ぶならコチラの物がおすすめ。とくにラミーは雑誌でもしばしば見かける人気ブランドなので要チェックです。

 

パーカー

http://www.amazon.co.jp

クラシックなデザインが人気のブランド。120年以上万年筆を作り続けているだけあって、品質は折り紙付きみたいです。 彼女へのプレゼントであれば『ソネット』というラインの物が良いと思います。女性らしいラインと柄の物を、多く取り揃えているので。

 

ラミー

http://item.rakuten.co.jp

若い方から人気爆発中の万年筆『ラミー』。なんといっても特に軽いです。余計な装飾を省いているので長時間使っていても疲れませんね。 コチラも初めて万年筆を持つ、なんていう彼女に贈りたい一本です。

 

セーラー

http://www.amazon.co.jp

メイドインジャパンの万年筆ではおそらく一番高品質&有名なメーカー。ずっしりとした万年筆らしいシルエットの物が多いですね。高級感を重視するならセーラーの万年筆が良いでしょう。バーバリー柄など、オシャレな柄物を他数あります。

 

3万円以上の万年筆なら

  • 彼女が20代後半〜
  • 文字を頻繁に書く仕事をしている

値段以上に使い込んでくれそうな彼女なら、これらの高級万年筆を贈るのが良いかと思います。

 

モンブラン

http://www.amazon.co.jp/

万年筆ブランドの王様とまで言われるブランド。高級感のあるデザインは、ペン先の金具までこだわり抜かれています。一生物の万年筆をプレゼントしたい。こんな時にピッタリです。

 

ペリカン

http://www.amazon.co.jp

高級品としても名高いですが、価格の幅はかなり広く数千円くらいの物まであります。が、ペリカンなら『m800』『m400』という品番の物を選びたいですね。30000円くらいしますが、デザイン、書き味共に国内で手に入る物の中ではトップクラスです。

 

まとめ

価格別に、プレゼントとしておすすめな万年筆を紹介させてもらいました。 万年筆をプレゼントする際に気をつける点としては『使ってもらえるか』というコトにつきると思います。

事務や営業、執筆作業のある職に就いている彼女に贈るのならどんな物でもばっちりですが、 アパレル・美容師・飲食こんな職についている彼女へのプレゼントに選ぶのなら、持っていてオシャレに見える物の方が良いでしょう!書き味より見た目重視・という感じですね。おそらく、沢山文字を書いたりはしないと思うのでこの感じでOK。 彼女に合った万年筆を見つけられるよう頑張ってくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 




同カテゴリ小物内の人気記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ