シチュエーション別

誕生日プレゼントを欲しがらない彼女・心理と喜ばせる方法!

今回は『誕生日プレゼントを欲しがらない彼女』の心理と、そんな彼女を喜ばせる方法を考察していきます。

by mezone

 

 

なぜ、『欲しがらない』のか?

誕生日が迫ってきたしなにか欲しい物は?と聞くと『いらいないよ!』という彼女さんも多いです。これは、

  1. 本気で遠慮している
  2. 欲しいけど、『がっついている感』を出したくない
  3. 彼氏の物選びのセンスが悪い・信用できない

大きく分けてこの三つのパターンに分けられると思います。しかし、共通しているのは本音は決して『彼氏からプレゼントをもらいたくない!』というワケではない・という事です!

ですので、間違っても『いらないみたいだし、自分も金欠だから今回は無しでいいか・・・』という選択肢は選んではいけません。以下、それぞれのパターンごとに喜ばせる方法を解説していきます。

 

1・彼女が本気で遠慮しているパターン

この場合の彼女さんなら

  • 普段から彼氏に迷惑をかけている
  • いつもいい物をもらってばかりで悪い

彼氏に対してどこか申し訳なさを感じており、それが『欲しがらない』発言につながっているケースが多い様です。

しかし、彼氏から物を受け取りたくない・という事ではありません。女性なら誰しも誕生日を祝ってもらいたい事に変わりありません。それに、本当にプレゼント無しだとせっかくの誕生日もお互いに気を使う感じになってしまい、盛り上がりに欠けるでしょう。

 

喜ばせる・相手に気を使わせないために

このパターンの彼女になら、日頃の感謝を『細かく』伝えるという事が遠慮せずプレゼントを受け取ってもらえる事につながります。『いつもありがとう』だけではなく『僕ができない事や気付かない事を君がいつもしてくれて・・・』君が○○だから、僕はいつも助かっているんだよ?』『もし君がいなかったら、きっと今の自分ではなかったかも!』

など、多少大げさでも『あなたが一緒にいてくれるだけでこんな風に助かっています・こんな所に感謝しています』という趣旨の言葉を細かく・なぜそうなのか?を伝えてあげる様にしましょう。

これだけで、彼女の後ろめたさ、申し訳ないという気持ちは軽くなります。お互いの愛情確認にもなり、良い誕生日を過ごせると思いますよ。プレゼントは、前もって用意しておく・一緒に買いにいく、どちらでもOK。前述のメッセージと一緒に送ってあげましょう。

 

スポンサードリンク

 

2・彼女の『いらないよ』がフリのパターン

いつも仲も良い・食事もほぼ割り勘など、特に遠慮する理由はないはずなのに『プレゼント?あぁ〜いらないよ?』という彼女さん。ひょっとしたらこれが一番多いケースかもしれません。

この場合前述のパターンの彼女とは違います。本当に用意していないと、かなり不機嫌になる・怒られる・呆れられる・・・など、目も当てられない状況に陥る事も珍しくありません。

もし『ん?気を使うようなポイントなんてないはずなのに、なんでいらないとか言うの?』と感じたらこのパターンである事を疑いましょう。

 

喜ばせる為には彼女の期待を上回る事が大事

この場合、彼女は『きっとプレゼントはこんな感じかな』とイメージを抱いています。にもかかわらずそれを明確に伝えず、彼氏を『欲しくない』という発言で試しているケースもよくあるみたいですよ。

イメージを超えるプレゼントでびっくりさせるというのが、喜ばせる為に有効な作戦になるはずです。いらないと言いつつ、欲しい・こんな感じでもらえるだろうと思っている彼女に、そのイメージ通りの贈り物を送ると『想定の範囲内』という位置付けで終わってしまいます。(渡さないと『想定よりかなり下』という事・・・)

なので、

  • 数を多めに用意する
  • サプライズ的な渡し方を考える

など、彼女に『それは予想してなかった!』と思ってもらえるアクションをプラスする事が大事になってきますね

こういう事ができると、毎年の誕生日を彼女が楽しみに思ってくれるので・・・こちらとしても用意しがいが生まれ、プレゼント選びが楽しくなりますよ。

 

3・自分のセンスが疑われているパターン

なに欲しい〜?と聞いたときに、

『え、気使わなくていいから(笑)』という少し引いた印象の発言が帰ってきたら、このパターンの可能性があります。

相手としても年に一度の誕生日プレゼントですし『納得のいく・長く愛用できるものが欲しい』と思っていると思います。それなのに、彼氏があまりおしゃれに興味がない・女性のファッションにかなり疎いという場合なら、チョイスに不安を覚えても仕方がありません。

自分が物選びのセンスがない・自信がないということなら彼女からプレゼント選びのセンスが疑われおり、そのせいで積極的に欲しがるような発言をしないのかもしれませんね。

 

彼女同伴でお買い物に。好きな物を買ってあげる

彼氏センスのプレゼントを貰う事に不安を抱いているので、彼女を連れてお買い物に行けばOKです。何気なく買い物に連れ出して『もう少しで誕生日でしょ?好きなの買ってあげるよ!』といってあげましょう。

これなら彼女も文句ないはずです。この時『いらないって言ってたけど買ってあげる』みたいな発言はNG。彼女からしてみれば、『あなたのセンスが信用ならないから!』という心の叫びが変化した結果が『欲しくない』という発言に変換されているだけなので注意です。(言うと逆に機嫌を損ねるかも)

背伸びをして自分で頑張って選ぶのもナシではありませんが、その際は彼女が喜ぶようなプレゼントにする事が絶対条件。ファッション系やアクセ系は、興味のない方にはハードルが高いかもしれないので生活用品(電化製品・美容家電等)が無難かもしれません。

 

まとめ

このように『欲しくない』発言をする女性にも、いくつかパターンがあります。彼女に言われたのなら、どれかに当てはまっているはずです。自分の彼女ならどのパターンだろう・・・と疑ってみましょう。

冒頭でも書きましたが『本気でプレゼントが欲しくない』こんな彼女はいません。(おそらく)男性からするとなんとも面倒な話ですが、鵜呑みにせず、あなたの彼女が喜ぶ渡し方を模索してみましょう。

 

スポンサードリンク

 

 




同カテゴリシチュエーション別内の人気記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ