シチュエーション別

彼女の誕生日・花火大会デートで喜んでもう方法7つまとめ

夏の風物詩である花火大会。誕生日の時期が被っている彼女の場合であれば、「誕生日デートで花火大会に行く」という方もいると思います。

今回はそんな方に向けて、「花火大会デートで喜んでもらう方法」をまとめて紹介していきます。参考にしてみてください!

by tombricker

 

 

行く前に交通手段・状況をしっかり確認!

花火大会がある日は、公共の交通機関・周辺道路がかなり混み合います。何も考えず会場に向かおうとすると「打ち上げ時間に間に合わないかも…」ということも十分起こります。ですので、

「混雑を考え、時間に余裕をもって出発する」
「車と電車、どちらがスムーズか調べる」

など、事前にリサーチすることが大事になってくるでしょう。間に合わなかったり人ごみに揉まれたりすると、彼女が会場に着く前に疲れてしまったりイライラしてしまうことが予想されます。

反対に、しっかりとタイムスケジュールを組んでエスコートしてあげると「しっかり考えてくれているんだな〜」と思ってもらえるはずですので、花火大会デートの際はしっかりと準備・リサーチをしてから出かけましょう!

 

ベストな鑑賞ポイントもリサーチしておく

「穴場」までいかなくとも、「会場内で見やすい位置はどこか」「彼女が疲れないよう、椅子に腰掛けながら見れるポイントは?」という事を調べておくのも大事ですね。

人が多い中で長時間立ったまま・というのは彼女が疲れてしまいます。ゆっくりと疲れず鑑賞出来る場所がないか、一度リサーチしてみましょう。

会場や河川にもよりますが、もともとベンチがあったり、ベンチ席鑑賞が出来るチケットが売られている場合もあります。一度チェックしてみてください。

どうしてもそういったポイントを見つけられない場合は、小さめのレジャーシートを持って行きましょう。一枚あると、どこでも座って鑑賞出来るので彼女も疲れません。

せっかくの花火大会です。ストレスレスでゆっくりと楽しんだ方が、彼女にとって良い思い出になるはずですよ!

 

服装は彼女に合わせるのがベター

花火やお祭りに行く際は、女性は浴衣で向かう場合も多いです。もし彼女がそうであれば、自分も彼女に合わせて浴衣・甚平などのスタイルで合わせてあげましょう。

その際はあらかじめ「俺も着ていくわ!」と言うのではなく、当日いきなり着ていくのが良さそうですね。彼女も「私に合わせてきてくれたんだな〜』とびっくりしてくれるのではないでしょうか。

着慣れない浴衣や甚平を引っ張り出すのは面倒かもしれません。しかし、一緒に花火大会らしい格好で歩くのは特別感があり自分も彼女も楽しいはずです。

時間が経ってから「あの時、二人で浴衣着て花火大会行ったよね〜」という思い出にもなるので、彼女が浴衣を着ていく場合は、ぜひ合わせてあげることをお勧めします。

 

テンションは高い方が良い

人によって、「花火が好き!「そうでもない…」など様々だと思います。しかし、自分がたとえ後者でも、つまんなそうな顔をしたり薄いリアクションをするのは止めましょう。

男性が思っている以上に「好きな人と特別な景色を一緒に見る」というのは、女性からしてみるととっても嬉しいひと時です。

それなのに、彼氏がなんだかつまらなそうだと、彼女もがっかりしてしまいます。(彼女が花火を特別好きではない場合、この景色を「誰と楽しく見ているか」が大事だったりします)

ですので、自分があまり興味がなく彼女に誘われて花火デートをする場合でも、見ている時のテンションはしっかりと彼女に合わせてあげましょう。

一緒になって声を上げ、感想を言い合っているうちに本当に楽しくなってくる場合も多いです。せっかく足を運ぶもであれば思いっきりエンジョイした方がお得ですし、その方が彼女も喜んでくれるでしょう!

 

スポンサードリンク

 

人が多い事を逆手にとって….

人が多く歩きにくい会場は、男らしさをアピールするチャンスが沢山あります。

「手を引いてエスコートしてあげる」
「食べ物や飲み物は買ってきてあげる」

など、混雑していることを逆手にとって彼女に「守ってもらっている感」を感じて貰うようにしましょう。

特に「同棲していてマンネリ気味」「普段は二人で出歩くことが少ない」というカップルであれば、いつもは見せない一面にキュンとしてもらえる可能性があります

紳士的な立ち回りで、彼女を惚れ直さてみてはどうでしょうか?

 

テーマパーク・遊園地の花火も見逃せない!

夏場はもちろん、それ以外の季節に花火を連日打ち上げるテーマパークもあります

「冬時期生まれの彼女を祝う」「遊園地デートと花火鑑賞を一度に楽しませたあげたい」という場合であれば、近間に花火イベントをやっている場所がないかチェックしてみましょう。

テーマパークの花火は河川敷で見るのとは違う華やかさがありますし、アトラクション等で盛り上がったテンションのまま見るので楽しさも倍増します。

「普通の花火デートに、なにかプラスアルファしてあげたい」

こういった時、タイミングさえ合えば彼女に最高の花火デートを提供できる方法になるでしょう。

 

「メッセージ花火」を申し込んでみる

申請や抽選等の手順を踏む・数万円程度の費用がかかる等、少し面倒ですが「メッセージ花火」を申し込んでみるのもいい手だと思います。

大勢の観客の中、彼氏からのメッセージが花火の打ち上げと同時に読み上げられるのは最高のサプライズになるでしょう。「一生記憶に残るような花火大会にしたい!」という方、検討してみてはいかがでしょうか?

以下の記事では、申し込みの手順やその他の花火サプライズについても触れています。こちらも参考までにご覧ください。

▶︎絶対驚く!彼女の誕生日に打ち上げ花火でサプライズする方法

 

まとめ

たくさんの人で混雑する花火大会デートは「どれだけ彼女を気遣えるか」が、喜んでもらうのに欠かせない要因になります。

特に、行き帰りの混雑をいかにうまく回避・エスコートできるかによって彼女に「来年も行きたい!」か「疲れるだけ・もういいかな〜」と思われる分かれ道になるので、気をつけたいポイントです。

しっかりとエスコート役に徹して、喜ばれる・思い出に残る花火大会デートにしてあげましょう!

 

スポンサードリンク

 




同カテゴリシチュエーション別内の人気記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ