雑貨・インテリア

彼女の誕生日プレゼントに花束・喜ばれる花の種類と渡し方は?

「女性から男性に贈る誕生日のお祝いアイテム」として人気の花束。

ですが、実際に彼女の誕生日プレゼント用に選んでみようとすると「どんな花束を選べばいい?」「種類が多すぎてよく分からん!」となりがちですよね。

そこで「女性が喜ぶ花束選びの基本」と、実際に渡す時のおすすめの渡し方等も紹介します。

彼女の誕生日の花束選びで困っている時の参考にしてみて下さい!

 

サプライズできる花束

2

花束でサプライズしたいなら、メリアルームがおすすめです。

  • 花びらにメッセージを書ける
  • 誕生石ストーン入りにできる
  • 彼女に渡しやすい花束が豊富

「MERIA ROOM」公式ページ

 

MERIA ROOM(メリアルーム)は、男性から女性に渡す花束に特化したショップ。

他では見かけない、ユニークで女性好みなアイテムが揃います。

3

「オーダメイドフラワー」として、花びらに直接メッセージを書いたり、他のアクセサリーでデコレーションしたり。

サプライズ用にぴったりな花束を探しやすいショップです。

花束を詳しく見る

 

彼女に贈る「花束」選びの基本

「誕生花」を基準に選ぶ

誕生日が365日存在するように、実は花にも365日分の「誕生花」というものが存在しています。

ただ、誕生花の中には「これは花束にはできないでしょう?」という変なものや、花言葉のエピソードがあまり良くないものも多数存在。

そこで、基準にできるのは、「一般社団法人日本生花通信配達協会(JFTC)」が定めている、「月別の誕生花」です。

JFTDとは、いわゆる「花キューピット」のことです。

花キューピットは、プレゼント用の花を専門にしているところだから、「ベストシーズンな花」で「ギフト向きな花」を誕生花にしているので花選びの初心者でも選びやすいというわけ。

1月〜12月までの「月別の誕生花」と、おすすめの花束を一覧にしています↓

男も知っておくべき「花言葉」

彼女のイメージに合う、可愛くて綺麗な花を贈るのはもちろん喜ばれます。

ですが、薔薇と同じように、それぞれの花には「花言葉」があるので、贈りたい花があったら、まずは花言葉を調べるのがおすすめ。

女性は、こういった「花言葉」の意味を知っている人も多いもの。

なので、彼女の雰囲気やイメージに合う花言葉を知っておけば、彼女に渡す時に失敗するリスクを減らせます。

迷った時には、やっぱりバラが鉄板!

女性が貰って嬉しいお花の中で、ダントツで一番人気なのが「薔薇」

花言葉も「アナタを愛している」という直球の物なので…本命の彼女、長くつき合っている女性に贈るのなら絶対におすすめです。

ただ、薔薇と行っても青・ピンクなど様々な色があります。

薔薇には色によっても「花言葉」の意味が違っていて、例えば「尊敬」という意味を持つ白いバラは、年上の彼女用におすすめ。

オレンジの薔薇は「無邪気」「爽やか」という意味があるので、元気で明るい彼女にぴったりというわけです。

薔薇を選ぶ時に注意したいのが「黄色の薔薇は選んではダメ」という事。

黄色い薔薇は「薄らぐ愛」「恋に飽きた」「別れよう」等というカップルには絶対不向きな花言葉のエピソードがあるのが理由です。

バラの花束を見る

 

花束の渡し方はこんな感じがおすすめ!

他のプレゼントと一緒に渡す!

「花束だけ」渡すのはハードルが高いですが、他の誕生日プレゼントと合わせてだと 自然な雰囲気で渡しやすいはず。

サプライズで花束を渡しつつ、本命の誕生日プレゼントもその後に渡して…のような形だと、貰う側の彼女の嬉しさも倍増しそうですよね。

郵送で届くようにしておく

直接渡すのがどうしても照れくさい時には、彼女の自宅に郵送で届くようにしておくのがおすすめ。

「彼女が在宅している時間を把握」「タイミングをあわせる必要がある」等のいくつかのハードルがありますが、

そもそも「郵送で花を貰った事はない」という女性が多数なので、喜ばれる可能性大!なので挑戦する価値もあります。

レストランに仕掛けておく

誕生日サプライズを協力してくれるようなレストランなら、先に店に到着しておいて、店側に花束やプレゼントを預けておく方法も。

ディナーの終わりに、サプライズのケーキを出してもらいつつ、一緒に花束とプレゼントを持ってきてもらう形。

慣れているお店ほど「ベストなタイミングで持ってきてくれる」ので、自分でタイミングを調整しなくてもいいところもメリットです。

2

 

実際に花束を貰った感想

 

 
2

 




同じカテゴリ「 雑貨・インテリア 」内のおすすめ記事


スポンサードリンク

サブコンテンツ